日本の皮革技術をリードする 特定非営利活動法人 日本皮革技術協会
JALT -- Japanese Association of Leather Technology 日本皮革技術協会
JALT 日本皮革技術協会 Top サイトマップ お問い合わせ JALTのあらまし 入会案内 English Page

皮革の総合講習会のご案内

2015.8.31

 謹啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 NPO法人日本皮革技術協会は,わが国唯一の皮革分野における学術団体として広くご利用いただいております。本会の講習会事業では、平素から全国主要都市を中心に革や革製品にご関心のある方々に、なめ(鞣)しの種類や革の特徴、多彩な革仕上げ方法、環境保全に対応したエコレザーの進展、革や革製品の特性や正しい取り扱い方などについてのテーマを取上げ、各地で高い評価を頂いてまいりました。
 その中で特に、多くの受講者の皆様から、革の基礎・応用講習会の他、タンナー(製革業者)の本拠地である姫路市内において「タンナー工場見学会」を開催してほしいとの強いご要望を多数いただいておりました。そこで、今回、タンナー様のご協力・支援を賜り、特別企画として同業・異業種向けの次の3本立て総合講習会を開催することになりました。

① 今の仕事に役に立つ革・革製品の基礎・応用知識の講習会- 2015.10.8
② 本格的ピットヌメ革、エコレザー、高機能革など生産するタンナー工場見学会―2015.10.9 am
  定員になりましたので締め切らせて頂きました。
③ 皮革産業のためのビジネス講習会-2015.10.9 pm

受講はいずれも無料ですのでこの機会にぜひご参加いただき、お仕事にお役に立てていただければ幸いに存じます。お知り合いの方々にお誘い合わせの上、多数ご出席下さいますようご案内申し上げます。

①皮革の基礎・応用知識講習会
日 時 2015年10月8日(木曜日)、講義時間; 9:30~17:40
会 場 兵庫県立姫路労働会館、3階多目的ホール   ●地図 ① 参照
〒670-0947姫路市北条一丁目98番地 TEL.079-223-1981(代)
講習内容 なめ(鞣)し及び仕上げの技術、エコレザーの成り立ち、革の特性、取扱い方、クレーム事例などを学びます。
初心者にも分かり易くなるよう、ビデオや実習などできるだけ多く取り入れております。
受講対象者としては、営業、販売、加工、企画、開発、品質管理、各種学校、メンテナンス、クラフトなど革に
関心のある方々ならどなたでも参加できます。

1.「革の製造法DVD、革の歴史、革の種類、革の特徴、エコレザー の有用性を学ぶ」
9:30~12:00                 NPO法人日本皮革技術協会 理事長 杉田 正見

(12:00~13:00昼食)

2.「“革を親しむ体感講座” 各種革の説明、各種仕上げ革の体感学習、革・革製品の
クレーム事例などを学ぶ」
13:00~14:00(班別学習)      杉田 正見、中村 泰久、中村 蔚(各20分)

3. 「“革の仕上げの一般知識”異なる仕上げを施した革を試料とし、その外観、
触感などを体験しながら、仕上げの役割などを製造機械から学ぶ」
14:00~15:00                TFL ジャパン㈱ 社長 中村 泰久

4.「“革特性から見た革の取扱い方の応用知識” 革の厚さと強度、繊維方向と強度、
吸湿性や熱特性、カビ・汗・臭いなどに関わるクレーム事例を学ぶ」
15:10~17:10                 NPO法人 日本皮革技術協会 理事 中村 蔚 

17:10~17:40;Q&A

定 員 120名 *申込み順で締め切ります。
共通項目 申込み方法、問合せ先、主催、協賛については、①、②、③とも、同一ですので
後述の<共通項目>をご参照下さい。
②タンナー工場見学会
見学日時 2015年10月9日(金曜日)、見学時間;9:50~11:50 定員になりましたので締め切らせて頂きました。
見学会場 ㈱山陽 〒670-0821 兵庫県姫路市東郷43   TEL.079-281-2141  ●地図 ② 参照
見学内容 タンナーとして100年の歴史を持つ。常に最先端技術で業界をリードする企業であり、牛革全般から本格的ヌメ革、
高機能革、エコレザーなど幅広い革生産が行われています。見所としては、他所では見られない原皮からの一貫
作業が行われ、準備工程(フレッシング・裏漉き)、鞣し・染色・加脂などの加工工程、仕上げ(真空乾燥・ステーキ
ング・スプレ-)など大型機械による工程、さらに、ピット漬けによる本格的植物タンニン鞣しなど、多種多様な作業
工程が見られます。同業者(タンナー)以外の方なら、どなたでも見学ができます。
見学行程 <ぢv>1)集合時間・場所;  9:50(厳守)  事務所2階の会議室(予定)
2)見学会の挨拶・説明・注意事項・班分け; 10:00~10:10
3)見学時間(全コース); 10:10~11:10
4)Q&A; 11:10~11:40 5)名刺交換、交流など; 11:40~11:50(現地解散)
見学定員 60名、★但し、同業者(タンナー)の方は参加できません。
共通項目 申込み方法、問合せ先、主催、協賛については、①、②、③とも、同一ですので
後述の<共通項目>をご参照下さい。
③皮革産業のためのビジネス講習会
日 時 2015年10月9日(金曜日)、講義時間;14:20~17:40
会 場 公益法人 姫路・西はりま地場産業センター(じばさんびる)6階601 ●地図 ③ 参照
〒670-0962 姫路市南駅前町123番地 TEL.079-289-2832(代)
講習内容

13:20~13:30    挨拶

1.「わが国 皮革産業の動向」
13:30~14:30    皮革工業新聞社 主幹 蝼川内 仁

工業統計にみる皮革産業の十年間   “10年でメーカーの2000社が消えた”
厳しい経営環境が続いている皮革産業の現状を最近10年間及び15年間の工業統計などから調査し、製革業に関しては、
過去30年にわたる統計データなどに基づき日本の皮革工業の現状を分析します。

(14:30~14:40 休憩)

2.“「消費・流通・生産」の変遷変化とビジネス展望”
14:40~16:10     マスター・マネジメント・コンサルタント 長谷川 隆博 
{後述の詳しい追加情報にあります}
消費流通市場はどう変化し、生産者はどう対応し、変遷に関与したか、全体を俯瞰し、
各分野の課題を整理し、エコレザーなども活用し、ビジネスを展望していきます。

3. Q&A:疑問点など最後に一括して行います。

16:10~16:40

定 員 70名 *申込み順で締め切ります。必ず事前にお申込み下さい。
共通項目 申込み方法、問合せ先、主催、協賛については、①、②、③とも、同一ですので
後述の<共通項目>をご参照下さい。

<共通項目>

●共通参加申込方法

1.下記申込書リンク先のPDFに記入後にFAX、又は、E-mailでお願いします。
2.郵送先・お問合せ先
NPO法人 日本皮革技術協会の申込書送信先
〒670-0964 姫路市豊沢町129番地 あさひビル4階
NPO法人 日本皮革技術協会 講習会係
TEL/FAX:079-284-5899
E-mail:nihonhikakugijyutsukyoukai@ybb.ne.jp

〔申し込み 会場案内〕
FAX申し込み書,会場案内図は
皮革の総合講習会共通申込書」
をクリックしていただき、別途表示されたPDF資料をご参照ください。

 

●共通参加申込書の書き方と注意点


  1. FAX受付ですので、楷書で丁寧にご記入ください。記入欄が足りない場合はコピーしてご利用ください。
    また、E-mailで申込の場合は、件名に「皮革講習会の申込」としてください。
    なお、「NPO法人 日本皮革技術協会」のホームページからでもご利用できます。
  2. 個人、または、お一人様の場合は、申込責任者 1の行に氏名と受講希望の番号をご記入ください。
  3. 連絡先のTEL,FAX,E-mailは、ご面倒でもなるべくご記入下さい。
  4. 開催1週間前には参加証(ハガキ)が送付されます。受講時には参加証を必ずご持参ください(グループで申し込まれた場合は,申込責任者に一括して送付致しますのでご了承ください) 
  5. 参加の変更・欠席等は,必ず事前にできるだけ早くご連絡(TEL:079-284-5899)下さい。
  6. お申込から数日経っても受付完了の連絡がなければ,何らかの事情で受付されていない可能性があります。お手数ですが,TEL 079-284-5899(NPO法人 日本皮革技術協会 講習会受付係)までお問い合わせください
  7. 見学会は、1企業につき5人(応募者多数の場合、変更もありえますのでご了承ください)までです。
  8. ご注意! 事前のお申込がないと、当日の受講はできません。

 

●主催・協賛・申込み先・問合せ先・変更届先

主催
申込先
問合先
変更届先

〒670-0964 姫路市豊沢町129番地 あさひビル4階 TEL/FAX:079-284-5899
NPO法人 日本皮革技術協会 講習会係
E-mail: nihonhikakugijyutsukyoukai@ybb.ne.jp (申込先・問合先・変更届先は主催と同じです)

協賛 (一社)日本タンナーズ協会、皮革消費科学研究会

 

●会場地図紹介(詳細はホームページでご確認下さい)

①皮革の基礎応用知識講習会及び③のビジネス講習会の会場地図
①兵庫県立姫路労働会館、③公益法人 姫路・西はりま地場産業センター(通称“じばさんびる”)
(会場まで徒歩)
①姫路労働会館はJR姫路駅の東出口通路を右手(南側)に出て高架下沿いに左方向へ。信号を右折、突き当りを左折、姫路駅南交番前交差点を右折後約200m(兵庫県姫路合庁舎南隣) 所要時間は約15分。
 お車でお越しの際は、周辺の駐車場(有料)をご利用ください。
③通称“じばさんびる”は、JR姫路駅中央出口を南側に出て右手にある最初のビル。徒歩3分。
①兵庫県立姫路労働会館  ③通称“じばさんびる”

(会場①まで自動車) 
姫路バイパス「姫路南」ランプ下車、姫路駅方向へ。「東延末」交差点を右折し3つ目の信号左折。マックスバリュより2軒目。

 

②タンナー見学会会場の地図  ㈱山陽   〒670-0821 姫路市東郷43

(自動車:372号国道)372号国道二本松交差点を小川橋方向。パチンコ店手前を右折。現地周辺は右地図を参照。
(タクシー)JR姫路から㈱山陽まで13分、約1,500円
(バス) 1時間に1本程度のため、バス以外の交通機関でお越しください。

   

(自動車:312号国道)バイパスからは左地図参照。丸尾町交差点右折、右にジョーシン店、パチンコ店看板があるので左折し、塀に沿って約100mで右側に㈱山陽の正門、左側に同社の駐車場があります。手前の舗装されているところは使用できませんので、奥の舗装されていない所をご利用ください。(無料)
(JR京口駅から徒歩) JR姫路駅から播但線へお乗換えの上、JR京口駅下車。徒歩約15分。(*注意:無人駅のためICカードは利用できません。精算の場合は電車内で現金払いのみとなります。必ず1両目にご乗車ください。2両目以降は降車時扉が開きません。)なお、JRの時刻紹介は後述の追加情報をご参照下さい

 

<追加情報>

③ビジネス講習会(10月9日 13:20~16:40)講師及び講義内容の一部を詳しく紹介

1)講師:螻川内 仁(Kerakawachi Hitoshi、皮革工業新聞社)
題名: 「わが国 皮革産業の動向」
副題: 工業統計にみる 皮革産業の十年間 10年でメーカー2000社が消えた
要旨: 現在、 アベノミクス効果で金融緩和や円安進展による経済の回復基調が伝えれているが、 皮革産業は2008年のリーマンショック以後のデフレ化から抜け出せない不況感、 円安に伴う原料皮の高騰を製品革に転化できないなど厳しい経営環境が依然続いている。そうした皮革産業の現状を最近10年間及び15年間の工業統計などからみてみる。また、製革業に関して、過去30年にわたる統計データなどに 基づき日本の皮革工業の現状を分析してみたい。
2)講師:マスター・マネジメント・コンサルタント 長谷川 隆博
  From FEB Inc. Tak. HASEGAWA Japan.
       by the@febinc.net
  FEB Inc・FASHION EXECUTIVE BUREAU
      < FAR EASTERN BRAINS  HK >
                             Inspector
http://www.facebook.com/m.cubiz
  *************************************************
    Master Management Consultant. 

題名: 「消費・流通・生産」 の変遷変化とビジネス展望
リード  付加価値生産を追う消費流通市場はどのように変化を重ね、それぞれの生産者はどのように対応し変遷に
関与し今日に至ったか、全体を俯瞰しそれぞれの分野が抱える課題を整理しながらビジネスを展望してみます。
要旨:  皮革産業は全体に、家業的生業的小規模生産事業者が大半で流通全体を俯瞰する事なく、職人的技能を継承し発展させながら市場に与し生産業務を維持し今日に至っています。
消費市場と素材生産は、流通を始め中間の卸売り事業者また商品企画事業者、製品の生産加工事業者、素材流通を担う問屋機能事業者、素材生産者、原料供給者、と大まかに整理できます。大きく分断され個別の事業者が近接の事業者間でビジネスを維持しても、消費市場と素材生産者が常時交流し合う環境にはありません。
主たる製品分野で「鞄」「靴」「雑貨」「スポーツ用品」や「家具」また一部の「衣料品」などの事業者を相手にビジネス展開し生産供給を維持しますが、現在は「バリューチェーン」としての統合が進み、製造分野では「サプライチェーン化」が進んでいます。これは繊維製品も同様の構造で、消費についての様々な情報が分断される構造をどう克服するかに懸かかります。
あらゆる製品は、市場(ターゲットの)で「どこの、誰の、何を、何で、幾らで、どう」解決できる(する)かがポイントです。それを積極的に共有しない限りビジネス上で成果を得るのは難しいと考えます。

②タンナー見学会 乗り物紹介 JR姫路~JR京口の時刻 定員になりましたので締め切らせて頂きました。

JR姫路→JR京口(JR播但線)の時刻
8:40発 → 8:43着(140円)〔散歩時間があります〕
9:21発 → 9:24着 {集合時間に最適、寄り道はできない}
 
JR京口→JR姫路(JR播但線)の時刻
12:44発 → 12:48着
以上