研究報告のテーマ集Topへ
日本皮革技術協会
前年度へ 次年度へ
発行年:1987年(昭和62年)
 
 
発行年 題 目 著者名
1987 32 4 179-186 論文 革及び革製品中のホルムアルデヒドの挙動に関する研究(1)革及び革製品からのホルムアルデヒドの抽出方法の検討 長南康正・吉村圭司・岡村浩
  32 4 187-192 ノート クロム吸着に及ぼす脱灰処理・ベーチング条件の影響 松下啓・毛利信幸・水谷茂章・
岡田正七
  32 4 193-200 ノート 工芸革用染料の溶解度と染色堅ろう度 池田節子・ト部澄子
  32 4 201-212 資料 豚革の再鞣効果 寶山大喜・砂原正明・長南康正
・岡村浩
  33 1 1-14 総説 植物鞣剤とアルミニウムによる複合鞣し 丹羽行夫
  33 1 15-20 論文 ゲルクロマトグラフィーによるクロム錯体と中性塩との相互作用の検討 高田英資・大野泰彦・白井邦郎
・和田敬三
  33 1 21-28 論文 石灰法によるクロム革からの工業用ゼラチンの製造について−工場実験- 隅田卓・岡本和吉・安井三雄・
山本忠弘
  33 2 59-68 総説 ヤギの品種 加納康彦
  33 2 69-76 論文 衣料用スエード革の染色におけるコンピューターカラーマッチング 白山琢持・宇津木久芳・上原孝
吉・岡村浩
  33 2 77-80 ノート 動的耐水試験における靴甲用革の2,3の性質 毛利信幸・杉田正見
  33 2 81-96 資料 昭和61年度革および関連材料試験法専門委員会報告  
  33 2 97-118 IULTCS 第19回国際皮革化学者技術者学協会連合会研究紹介(1)  
  33 3 141-150 論文 クロム再鞣排液の循環利用に関する検討 寶山大喜・砂原正明・小具健一
・岡村浩
  33 3 151-156 論文 分子サイズの異なるナフタレンスルホン酸縮合物のコラーゲンに対する反応性 高田英資・目黒達哉・岡田幸雄
・白井邦郎・和田敬三
  33 3 157-162 ノート 豚革の性状に及ぼす準備作業条件の影響 下林則夫・元吉治雄・由良好史
・石原矩武
  33 3 163-176 研究発表会要旨 第34回皮革研究発表会講演要旨  
  33 3 177-186 IULTCS 第19回国際皮革化学者技術者学協会連合会研究紹介(2)