研究報告のテーマ集Topへ
日本皮革技術協会
前年度へ 次年度へ
発行年:1979年(昭和54年)
 
 
発行年 題 目 著者名
1979 24 4 205-216 総説 植物タンニンの構造とその利用 菅野英二郎
  24 4 217-224 論文 ソフト調甲革の性状におよぼすウェット・ブルーの保存の影響 白山琢持
  24 4 225-232 論文 子牛皮酸可熔性コラーゲンN末端区域のカルボキシル基の反応性 増田隆士・大杉次男・先本勇吉
  24 4 233-240 ノート プラスチック成形材料用充てん材としてのバフ粉(buffing dusts)の利用に関する基礎的検討 寶山大喜・中城真
  24 4 241-243 IULTCS IULTCS 第15回国際会議講演紹介(5) 植物タンニン鞣の研究 菅野英二郎
  24 4 244-248 IULTCS IULTCS 第15回国際会議講演紹介(6) 皮革産業廃棄物の処理と利用に関する研究 久保知義
  25 1 1-6 論文 コラーゲン繊維の音響装置の部分への利用(英文) 岡村浩・白井邦郎
  25 1 7-15 論文 牛皮コラーゲン粉末を担体とするβーグルコシダ−ゼの固定化 松永あや子・長南康正・豊田春
  25 1 16-19 ノート 姫路白なめし革の層別分析結果 杉田正見
  25 1 20-24 資料 姫路白なめし革の製造方法 杉田正見
  25 1 25-28 IULTCS IULTCS 第15回国際会議講演紹介(7) 仕上げに関する研究 岡村浩
  25 1 29-34 IULTCS IULTCS 第15回国際会議講演紹介(8) 製造方法と革の品質との関係及び靴材料 菅野英二郎・豊田春和
  25 1 35-39 資料 外国の皮革研究所紹介(5) パキスタン国立燃料・皮革研究所 荻原長一
  25 2 63-77 総説 樹脂鞣剤 丹羽行夫
  25 2 78-86 論文 可溶性コラーゲンを基体とする不溶化酵素に関する研究V アミラーゼ・ベントナイト・コラーゲン3成分系凝集反応を利用した不溶化酵素の調整とその性質(英文) 久保田穣・浦野直人
  25 2 87-94 ノート 魚油酸化物で改修されたコラーゲン繊維を主体とした不織布の改質 岡村浩
  25 2 95-100 ノート シェービング屑と合成ゴムによる複合材料の利用に関する研究 石原矩武・中城真・岡村浩
  25 2 101-105 IULTCS IULTCS 第15回国際会議講演紹介(9) クロム鞣剤 和田敬三
  25 2 106-108 IULTCS IULTCS 第15回国際会議講演紹介(10) 新しい鞣剤 豊田春和・長南康正
  25 2 109-116 IULTCS IULTCS 第15回国際会議講演紹介(11) 製革排水処理に関する研究 久保知義
  25 3 133-159 総説 樹脂鞣剤(続) 丹羽行夫
  25 3 160-165 論文 アルデヒドによるコラーゲン分子間架橋反応に関する研究 1.グルタルアルデヒドによる架橋反応 久保田穣・伊藤達雄
  25 3 166-171 論文 アルデヒドによるコラーゲン分子間架橋反応に関する研究 2. 電気泳動法による架橋結合の生成の検討 久保田穣・伊藤達雄・木村茂
  25 3 172-177 ノート コラーゲン繊維を主体とするウエップの除タンニン剤としての利用 岡村浩・田中伸子
  25 3 178-180 IULTCS 第16回国際皮革技術者化学者協会連合会総会プログラム  
  25 3 181-191 研究発表会要旨 第26回皮革研究発表会講演要旨