研究報告のテーマ集Topへ
日本皮革技術協会
前年度へ 次年度へ
発行年:1977年(昭和52年)
 
 
発行年 題 目 著者名
1977 22 4 183-185 総説 原料皮から見た畜牛の概要 近藤健次郎
  22 4 186-195 論文 ゲルクロマトグラフィーと電気泳動によるクロム鞣液の研究(英文) 川村亮・和田敬三・上原孝吉・
高田英資
  22 4 196-206 論文 革の成形保持性について 菅野英二郎・中島健・工藤輝人
  22 4 207-218 論文 クロム甲革製造における集合排水の循環利用に関する研究(1)工場スケールによる基礎的検討 丹羽行夫・川上満和・横川市次
・島田始
  22 4 219-224 IULTCS (IULTCS第14回国際会議講演)皮革製造工程の実用的迅速管理法  
  23 1 1-7 論文 メチルエステル化コラーゲン粉末を担体とする固定化ウレアーゼ 豊田春和・松永あや子・長南康
  23 1 8-14 論文 羽毛ケラチンを担体とするウレアーゼの固定化 吉岡正義・杉浦正昭・豊田春和
  23 1 15-19 論文 魚油酸化物で改修されたコラーゲン繊維の性質 岡村浩・白井邦郎
  23 1 20-23 ノート 回収方法の異なるコラーゲン繊維の性質 岡村浩
  23 1 24-30 資料 南アフリカの皮革研究所 菅野英二郎
  23 2 59-66 論文 クロム・コラーゲン繊維に対する酵素処理の効果 白山琢持・松本年治・岡村浩
  23 2 67-76 ノート 試作したマイクロ波乾燥機に関する基礎的検討 小田猛・杉田正見
  23 2 77-79 ノート クロム鞣排液の循環利用の実施例(ボックス・カーフの製造) 諸橋悠紀治・岡村浩
  23 2 80-83 資料 外国の皮革研究所紹介(2) オランダの皮革および靴研究所 和田敬三
  23 2 84-112 資料 最近5ヶ年の海外における皮革研究の動向 神谷誠
  23 2 113-115 資料 衣料用革試験方法の改正案について 菅野英二郎
  23 3 131-138 論文 クロム鞣液に関する研究(5) マスク化クロム錯体の赤外吸収スペクトル 竹之内一昭・先本勇吉
  23 3 139-147 論文 トリクロロ-S-トリアジン処理コラーゲン粉末を担体とする固定化ウレア−ゼ 豊田春和・松永あや子・長南康
  23 3 148-153 資料 外国の皮革研究所紹介(3) マックス・プランク生化学研究所 藤井忠彦
  23 3 154-169 IULTCS 第15回IULTCS国際会議講演要旨  
  23 3 170-182 研究発表会要旨 第24回皮革研究発表会講演要旨