研究報告のテーマ集Topへ
日本皮革技術協会
前年度へ 次年度へ
発行年:1974年(昭和49年)
 
 
発行年 題 目 著者名
1974 19 4 201-218 総説 植物タンニン鞣理論、コラーゲンの塩基性基と植物タンニンの相互作用 菅野英二郎
  19 4 219-224 論文 クロム革の機械的性質検討のための試料の大きさ(2) ボール・バーストメーター及びテンソメーターによる測定 元吉治雄・岡村浩
  19 4 225-232 ノート 台湾で製造されたクロム豚革の性状について 諸橋悠紀治・岡村浩
  19 4 233-235 ノート クロム革の機械的性質の部位による変化 元吉治雄・岡村浩
  20 1 1-13 総説 無機なめし−主として鉄およびアルミニウムなめしについて 久保田穣
  20 1 14-21 論文 クロム革の品質標準化に関する研究(9) クロム革の機械的性質間の相関性 元吉治雄・岡村浩
  20 1 22-28 論文 クロム革の品質標準化に関する研究(10) クロム革の化学分析に関する考察 元吉治雄・岡村浩
  20 1 29-36 論文 牛皮コラーゲン繊維のカルボジイミド類による化学修飾 長南康正・松永あや子・豊田春
  20 1 37-43 論文 クロム鞣液に関する研究(2) シュウ酸クロム溶液におけるオール化 竹之内一昭・大杉次男・先本勇
  20 2 71-91 総説 原料皮中脂肪の変動と脱脂(第8回学術賞受賞記念) 白井邦郎
  20 2 92-99 論文 革の官能特性に関する検討(1) 官能検査による柔軟性の判定 元吉治雄・岡村浩
  20 2 100-108 論文 ポリ-DL−アラニル・ゼラチンの調製とその二三の性質 豊田春和
  20 2 109-114 ノート 靴用甲材料としてのクロム革の劣化に及ぼす酸度の影響 坪倉浩一・久保善信・久保知義
  20 3 135-150 総説 界面活性剤と家庭用合成洗剤 富山新一・増田光輝
  20 3 151-162 論文 ケラチンの可溶化に関する研究(第6報) 羽毛ケラチンの過ギ酸酸化による可溶化 吉川正義・長南康正・豊田春和
  20 3 163-176 論文 皮革製造への海水の利用(第1報) 川村亮・和田敬三・上原孝吉・
高橋浩司
  20 3 177-185 論文 可溶性コラーゲンの還元的不溶化に関する研究 久保田穣・渡辺泰雄
  20 3 198-205 研究発表会要旨 第21回皮革研究発表会講演要旨