研究報告のテーマ集Topへ
日本皮革技術協会
前年度へ 次年度へ
発行年:1963年(昭和38年)
 
 
発行年 題 目 著者名
1963 8 3 79-92 報文 皮革工場廃水の処理に関する研究(第3報) 各種化学的処理法の効果 豊田春和・遣沢哲夫・二見明・
吉川正義
  8 3 93-98 報文 植物タンニンエキスの分析法に関する研究(第1報) 各分析法の比較、および振とう法における分析温度、分析資材の影響 菅野英二郎・西山巌・岩城和雄
  8 4 107-112 報文 クロム鞣革の加脂について(第1報) 硫酸化油の吸収と浸透 高橋威・武田駒男・岡本和吉・
杉田正見・服部裕
  8 4 113-117 報文 クロム鞣革の加脂について(第2報) 中和の影響について 岡本和吉・杉田正見・服部裕・
高橋威・武田駒男
  8 4 118-122 報文 有機還元剤によるクロム液の鞣皮性に関する研究(第11報)鞣製効果におよぼすマスク化クロム混在量の影響 先本勇吉・大杉次男
  8 4 123-135 報文 皮革工業廃水の処理に関する研究(第4報) 塩化第二鉄処理の効果 豊田春和・遣沢哲夫・二見明・
吉川正義
  8 4 136-146 報文 植物タンニン鞣製(第14報) 植物タンニン速鞣液の繰返し使用が液の組成ならびに鞣におよぼす影響 菅野英二郎・西山巌・岩城和雄
  9 1 1-9 報文 クロム革中のクロム吸着量の分布について(1) 岡村浩・諸橋悠紀治
  9 1 10-21 報文 クロム革中のクロム吸着量の分布について(2) 岡村浩・諸橋悠紀治
  9 1 22-29 報文 原料皮に関する研究(第2報) 原料皮の含窒素成分組成とその塩蔵による変化 岡村浩・諸橋悠紀治・川村亮
  9 1 30-34 報文 原料皮に関する研究(第3報) 準備工程中における皮組織の含窒素成分組成の変化 岡村浩・川村亮
  9 1 35-42 報文 植物タンニン鞣製(第16報) 植物タンニン速鞣液の繰返し使用による組成変化ならびにイオン交換樹脂膜によるpH調節 菅野英二郎・西山巌・岩城和雄