研究報告のテーマ集Topへ
日本皮革技術協会
前年度へ 次年度へ
発行年:1962年(昭和37年)
 
 
発行年 題 目 著者名
1962 7 3 63-68 報文 鉄鞣に関する研究(第9報) Weatheringによるクエン酸鉄鞣革の劣化とメラミン−ホルムアルデヒド処理によるその防止について 新納英夫
  7 3 69-74 報文 鉄鞣に関する研究(第10報) スルホフタル酸第2鉄化合物による鞣製について 新納英夫
  7 3 75-78 報文 クロム錯塩とコラーゲン蛋白の結合に関するポーラログラフ的研究(第2報) アコクロム錯塩(塩化物)とコラーゲン蛋白の結合について 布浦弘
  7 3 79-85 報文 クロム錯塩とコラーゲン蛋白の結合に関するポーラログラフ的研究(第3報) 中性塩添加Cr(OH)SO4液のイオン組成の検討 和田敬三・弟子丸恒雄・川村亮
  7 4 95-103 報文 皮革工場廃水の処理に関する研究(第1報)各工程廃水の性質 豊田春和・遣沢哲夫・二見明・
吉川正義
  7 4 104-121 報文 衣料用革の試験について 菅野英二郎・岩城和雄
  7 4 122-131 報文 皮革工場廃水の処理に関する研究(第2報)各工程廃水の混合および貯留による水質の変化 豊田春和・遣沢哲夫・二見明・
吉川正義
  8 1 1-6 報文 クロム革に対するナフタレンスルホン酸 -ホルマリン縮合物の漂白作用 福井義明
  8 1 7-11 報文 原料皮に関する研究(第1報) 皮組織中のコラーゲン含有量について 岡村浩・川村亮
  8 1 12-18 試験ノート 抗張力について(U) 層別ならびに裏すきによる影響 菅野英二郎・西山巌・岩城和雄
  8 2 29-40 総説 コラーゲン化学の最近の進歩 野田春彦
  8 2 41-48 報文 動物皮の酵素脱毛に関する研究(第10報)ホルムアルデヒドなめし革の性質に及ぼす酵素脱毛処理の影響 豊田春和・吉川正義
  8 2 49-55 報文 動物皮の酵素脱毛に関する研究(第11報)クロムなめし革の性質に及ぼす酵素脱毛処理の影響 豊田春和・二見明
  8 2 56-69 報文 植物タンニン速鞣における塩および酸の影響について 菅野英二郎・西山巌・岩城和雄
  8 2 70-75 試験ノート タンニンなめし工場廃水の水質 豊田春和・遣沢哲夫・二見明・
吉川正義