革の分類
  鞣しによる革の分類
    1) クロム鞣し
       世界の革の約80%はクロム鞣しである。鞣したときは青色で柔軟性、弾力性、引張強さ、耐熱性、染色性に優れている。軽いが可塑性が幾分劣る。靴甲革、裏革、鞄・袋物、家具用、衣料用などあらゆる種類の用途に使用される。
       
    2) 植物タンニン鞣し
       茶褐色で光により暗色化されやすい。低pHでは淡色、高pHでは濃色となる。堅牢で磨耗に強く伸びが小さい。可塑性が大きく成形性がよい。重くて耐熱性は劣る。靴底革、中底革、馬具、鞄、ベルト、革工芸用などに使用される。
 表底革は成牛皮を植物タンニンで鞣す。厚くて堅牢な革である。中底革は成牛皮の腹部や肩部で作られる。ぬめ革は表底革より薄くて柔らかく、成牛皮、豚皮などを原料とし、鞄、袋物、ベルト、革工芸用に用いられる。ハードタイプとソフトタイプがある。その他に多脂革、馬具用革、ベルト用革などもあるが生産量は年々減少している。
       
    3) 油鞣し
       代表的なものとしてセーム革がある。これは鱈肝油などの魚油で鞣す。非常に柔らかく吸水性がよい。適度の親油性があり、洗濯が可能である。自動車、レンズ、貴金属の磨き(汚れ落とし)、ガソリンのろ過、衣料、手袋用に使用する。その他わが国では姫路白なめし革、印伝革などがある。
       
    4) ホルムアルデヒド鞣し
       ホルムアルデヒドで鞣した革で、主にキッド、シープ皮に対して利用される。野球ボールなど白革の製造に適する。グルタアルデヒド、グリオキザール、ジアルデヒオ澱粉鞣しもこの種に属する。
       
    5) アルミニウム鞣し
       アルミニウム塩により鞣された革、クロムに比べて皮との結合力が弱く、脱鞣しが行われ易い。熱収縮温度も低い。アルミニウムによる単独の鞣しは少なく、再鞣しの工程で様々な鞣剤で処理され複合鞣し革が多い。
       
    6) ジルコニウム鞣し
       ジルコニウム塩で鞣した革、白くて丈夫であるが単独の鞣しは少ない。一般的にはクロム鞣しの再鞣剤として銀面の改良、合成タンニン革の耐熱性改良等に用いられる。
       
    7) 合成タンニン鞣し
       合成タンニンは植物タンニンの代替、あるいは補助剤として開発されたが、その後種々の用途(染色の均染剤、風合い改良剤等)のため多くのタイプが製造されるようになった。 合成鞣剤単独の鞣しは手工芸用、ボール用など限られているが、クロム鞣し革の再鞣剤として多く使用されている。
       
    8) その他
       チタン、鉄、シリカ、リン酸鞣し、燻煙鞣しなどもあるが、実用的には余り使用されていない
       
  鞣しによる革の分類
    1) 銀付き革
       革の銀面模様を活かし、銀面上に仕上げを行なった革の総称である。この革に対してアニリン仕上げ、顔料仕上げ、エナメル仕上げ等々いろいろな仕上げが施される
       
    2) 銀ずり革(コレクトレザー)
       クロム革製造時の乾燥工程後に銀面をペーパー等でバッフィングし、塗装仕上げした革で原料皮は主に成牛革である。いわゆるガラス張り革と称されている。銀面の傷や欠陥がバッフィングにより軽減されるため、銀面の状態が均一となり歩留まりが良くなる。しかし、塗装量が多いので外観的には革らしさが欠ける。
       
    3) 型押し革
       植物タンニン鞣し革、またはクロムと植物タンニンとの複合鞣しなどで革表面に様々な模様の型をつけ仕上げた革の総称。
       
    4) スエード
       革の肉面をバフし、ベルベット状に起毛させてつくる。主に子牛革、羊革、豚革など小動物革に適用される。一般的に染色摩擦堅牢度や防水性に劣る場合がある。
       
    5) バックスキン
       牡鹿(Buck)皮の銀面を除去し、ペーパでバッフィングしケバ立てヌバック調に仕上げた革。販売店などで床革ベロアやスエードをバックスキンとして間違って表現されている場合がある。外観的にはスエード革と同様なタイプである。
       
    6) ヌバック
       スエードと異なり銀面を軽くバフし、非常に短いケバを立てたものである。スエードに比べるとケバが非常に短く、ビロード状を呈している。高級品は子牛革を原料とするが成牛革や豚革からもつくられる。特に豚革は銀面の凹凸が大きいので、一度0.3mm程度分割したのちバッフィングを行う場合が多い。
       
    7) シュリンク革
       鞣しの段階で合成タンニンなどを使用して革の表面を収縮させて独特のシワをつけた革。また、仕上がった革をドラム中でシワをつけたり、革表面を揉んでシワをつけたもの(エルク)もあるが、これはシュリンク革とは呼ばない。
       
    8) 床革
       脱毛後に皮を2枚に分割するが、肉面側の皮を床皮という。鞣した革を床革という。この床革には、特にケバを細かく仕上げたものが床スエードといわれている。また、床ベロアはスエードよりもケバの状態は粗い。また、床革の上に塗装仕上げを行なった革、更に型押しをした革もある。
       
  仕上げによる分類
   仕上げ剤の溶媒として一般的に溶剤を使用するが、近年の環境問題から溶剤の使用を最小限にする方法、あるいは水を溶媒として使用する方法がある。前者を溶剤仕上げ、後者を水性仕上げという。
    1) 塗膜の透明度による分類
      ・ 素上げ革
       ほとんど塗装を施していないような仕上げ革。革の上に軽く染料を塗布したり、感触を改良するワックスやオイル、シリコンを塗布したり、フッ素等の撥水剤を使用したりするが、手触りはよいが革表面の物性、特に染色摩擦堅ろう度などが一般的に低い。
       
      ・ アニリン仕上げ革
       銀面の模様を残すため透明な塗膜の仕上げを行った革で透明感が高く動物の毛穴なども明確に見られ、通常グレードの高い高級革になる。カゼイン等のタンパク質系のバインダーを主として用いて仕上げる。
       
      ・ セミアニリン仕上げ
       顔料も使用するが、染料で透明感を付与する仕上げで、アニリン仕上げに近い雰囲気を持った革である。
       
      ・ 顔料仕上げ革
       無機顔料の多い不透明仕上げ剤を使用し塗膜も厚くするため、透明感が低く革らしさに関しては劣っている。しかし、革の傷などは隠れやすく、塗膜の物性が強く耐水性等に強い革である。
       
      ・ コレクト仕上げ革
       銀剥き仕上げともいう。革の銀面をサンドペーパーで削り、その上に熱可塑性の樹脂を塗布、毛シボ等を施して仕上げた革で、塗膜が比較的厚く透明感は低い。塗膜の耐久性は強い革である。
       
      ・ ツートン仕上げ革
       2色以上の染料や顔料でコントラストをとった仕上げ革で、ファッション性が強い革である。
       
      ・ オイル仕上げ革
       革の表面にオイルっぽい感じを付加した仕上げ革
       
      ・ アンチック仕上げ革
       
      ・ クラック仕上げ革
       
      ・ 発泡仕上げ革
       
      ・ イージケア仕上げ革
       
      ・ アンチック仕上げ革
       
      ・ ファンシー仕上げ革
       
    2) 機械的な方法による分類
      ・ グレージング仕上げ革
       通常高級な革の仕上げに行われるが、カゼインやワックスなどを革に塗布し、グレージングマシンという棒状のガラス玉で革の表面を擦って艶を出した革。蛇やトカゲなどの爬虫類の革にもよく適応される。塗膜の耐久性は比較的低い。
       
      ・ プレート仕上げ革
       平滑な表面をえるためアイロンで熱と圧力を革表面に与え表面を平らにして、艶を出し仕上げた革で一般的な方法で仕上げられた革の総称でもある。仕上げ剤の配合により艶消しなどの仕上げ革もある。
       
      ・ 型押し仕上げ革
       いろいろな型板を用い、熱と圧力をかけて革に模様をつけ仕上げた革をいう。
       
      ・ スプレー仕上げ革
       ほとんどの革はスプレーを用いて塗装を施すが、一般的な方法で仕上げられた革の総称である。
       
      ・ 手塗り仕上げ革
       テレンプ゚と称される布を板に貼り付けたものを用いて手で塗料を塗布する。多量の塗装を要求する床革の仕上げ、下塗り工程等によく行なわれている方法である。
       
      ・ ラミネート仕上げ革
       銀面をサンドペーパーで削り、種々の模様や色調のフイルムを貼付けるた革。
       
    3) 仕上げ剤による分類
      ・ カゼイン仕上げ革
       カゼインというタンパク質を主原料とし、それにワックスやオイルなどを加えたカゼイン仕上げ剤を中心にした仕上げ革。基本的にはポリマー樹脂は使用しない。高級革に対して行うが、耐水性、染色摩擦堅ろう度に乏しい。
       
      ・ バインダー仕上げ革
       最も一般的な仕上げで、染料や顔料の着色剤と熱可塑性のポリマー(アクリル系、ブタジエン系、ポリウレタン系)をバインダーとして使用するため塗膜の耐久性は高い。
       
      ・ ニトリセルロース仕上げ革
       俗にラッカー仕上げといい、ニトロセルロース(硝化綿)を原料として作られたラッカー仕上げの最終塗膜として使用する方法で仕上げられた革。非常に薄い塗膜を形成し高光沢が得られ、物理的強度も強い。
       
      ・ CAB(セルロールエステル)仕上げ革
       セルロースアセトブチレートと呼ばれるセルロースを酢酸とブチル酸で変性させたものを使用して仕上げた革で、前記より日光堅牢性が強い。
       
      ・ ポリウレタン仕上げ革
       最終の塗装にポリウレタン樹脂が使用される仕上げをいう。日光堅牢性、形状変化等に強い。自動車用や家具用革によく使用される。
       
      ・ エナメル仕上げ革
       パテント仕上げとも呼ばれ、ポリウレタンの一種を使用する仕上げで光沢が得られる。